学校紹介学校紹介教育そうだん教育そうだん日常の様子日常の様子卒業生・余暇活動卒業生・余暇活動企業との連携企業との連携企業との連携企業との連携

学園概要

沿革

昭和46年 知的障害児施設「聖母の家」内に学校法人養護学校聖母の家学園(小学部・中学部)を設立
理事長 古屋義之司教 就任校長 アントニオ・ブロドニアック神父 就任(初代)
昭和47年9月 校長 ザビエル・イラオラ神父(第二代)R.R.ザーン神父を迎え再発足 校章制定
昭和50年4月 校歌制定
昭和52年4月 理事長 田中健一司教 就任
昭和54年4月 校長 R・R・ザーン神父(第三代)
昭和59年4月 校長 シスター 岡崎光枝 就任(第四代)
昭和61年4月 校長 伊豫田博 就任(第五代)
昭和62年3月
4月 
高等部を設置
理事長 山本好明 就任
昭和63年4月
7月 
校長 シスター 穐山アイ子 就任(第六代)、スクールバス運行開始、寄宿舎設置
養護学校聖母の家学園援護促進協議会発足
平成3年5月
11月 
援護会 小規模授産施設「わかたけ萩の里」設置、開所
創立20周年記念式典と記念誌発刊
平成5年2月 理事長 森田治 就任
平成6年4月 新校舎建設委員会発足
平成7年4月 高等部専攻科設置
平成10年4月 校長 永田皓 就任(第七代)
平成13年9月 校長 西舘勲 就任(第八代)
平成14年4月 理事長 櫻井倭夫 就任
平成17年10月 公開研究会開催、全国専攻科(特別ニーズ教育)研究会第2回 研究集会
平成19年4月 「養護学校 聖母の家学園」より「特別支援学校 聖母の家学園」へ学校名を変更
平成20年4月 支援センターを設置
平成24年4月 理事長 伊藤春樹 就任
校長 辻 正 就任(第九代)
平成29年4月 校長 大橋里栄 就任(第十代)
専攻科NEXT 開講

理事長のご挨拶

伊藤春樹理事長 理事長就任にあたって、「子どもたちの可能性を信じること」を中心に学園の運営にあたっていきたいと願いましたが、今はこの思いをさらに強く持っています。
 子どもたちの可能性を伸ばすために、必要な教育環境の整備と、揺らぎない考え方を身に付けて、子どもたちへの支援を実践しています。この支援の中心は、「子どもたちが社会の中で役割をしっかりと担って、尊厳ある生活を送ることができる」という状況を創り出すことです。学園は、社会の中で子どもたちが担える役割を創り出すことが必要だと考えています。このために、学園在学中に可能な限り、社会の中で活動できる場所の提供を皆様にお願いし、学園は、子どもたちが着実に役割を演じることができるように子どもと一緒に教職員一同頑張っています。
 「信じる」ことには、子どもたちが毎日新たな夢を育み、新たなチャレンジを常に続けていることも含まれています。より大きな夢を育み、皆様からのより大きな期待を担えることができるように、努力しています。
 このような考え方で教育を展開するためには、理事者と教職員が一丸となって切磋琢磨し、色々と学ばなければなりませんので、皆様からの忌憚ないご意見、あたたかいご叱責、そして惜しみないご協力をお願いいたします。

学校法人特別支援学校聖母の家学園 理事長 伊藤春樹

校長のご挨拶

 本校はカトリックの精神を基に、知的に障がいのある児童・生徒に教育を行っている学校です。本校では、創始者の“保護者の思いに寄り添って子どもたちの幸せな生き方を希求する”という思いを大事にしています。学校の主人公はいうまでもなく子どもたちです。その子どもたちに、学ぶ楽しさや喜びを味わわせ、「学びたい」という思いを大切に育み、一人ひとりが輝き笑顔あふれる学校にしたいと考えています。
 2017年度から始まった専攻科NEXT(専攻科3,4年生)では、1年目の『何事にもチャレンジ!』から、さらにフロンティア精神を発揮して取り組む内容も活動場所もいろいろな意味で拡がりました。県下の知的の特別支援学校で唯一、高等部専攻科を持つ学校です。小学部から高等部専攻科まで16年間の教育課程を持っており、子どもたちの成長を連続して見る事ができるのも本校の特色の一つです。
 子どもたち一人ひとりが、自分らしく豊かに生活できるような活動をそれぞれのステージで展開し、学校生活だからこそできる経験を大事にしていきます。そして、次の新たなステージへスムーズに移行できるように、また学校を卒業してからも希望をもって社会で生活できるように生きる力を育てたいと思います。これからも子どもたちの未来を明るく創造できるように力を注いでいきたいと思います。
 今後ともご支援ご鞭撻の程、よろしくお願いします。

  特別支援学校聖母の家学園 校長 大橋里栄

聖母の家学園校歌

作詞:伊豫田博
作曲:ロイ・アッセンハイマ

空に流れる白い雲
明るい心で生きようと
励むぼくらの道はるか
力の限り頑張ろう
聖母の声に耳かたむけて

緑に映える山のもと
助け合いつつ生きようと
進むわたしらの道はるか
力の限り頑張ろう
聖母の声に耳かたむけて

希望に胸をふくらませ
ぼくらは共に学びます
あしたを信じて今日もまた
教えを受けて進みましょう
聖母の声に耳かたむけて

マップ


学校法人 特別支援学校 聖母の家学園
〒510-0961 三重県四日市市波木町330-5 TEL.059-321-4502 FAX.059-321-4513
mail / info@seibonoie-gakuen.ac.jp